スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明石小の保存をイラストで訴え(産経新聞)

 「復興小学校」として関東大震災後に建設された中央区の区立明石小学校の建て替え問題を広く知ってもらおうと、イラストレーターの山本重也さん(46)が校舎で過ごす子供たちの姿を描いたイラスト展「あかしのこども」が24、25、29、30日と5月1、2日の6日間、同区月島のKTビルで開かれる。

 山本さんは卒業生らでつくる「中央区立明石小学校の保存を望む会」(中村敬子代表)の活動を知り、自身も古い建物の雰囲気が好きだったことから、活動に協力。校舎の写真を基に、子供たちが掃除をしたり手を洗ったり、予防接種のために列をつくったりなどする学校生活のワンシーンを切り取ったペン画B0判1枚、B4判11枚をボランティアで描き上げた。

 山本さんは「復興小学校は大地震から子供の命を守るためにつくられたもので、現代の耐震調査でも地震に耐えうることが分かっている以上、災害の教訓を伝えるためにも残すことは大切と思う」と話す。

 「望む会」はこれまでに区内で3回、持ち寄った写真で校舎のよさを紹介する展示会を行ったり、区に約2千人分の署名を提出したりなど、解体撤回を目指して活動を続けている。校舎解体は9月の予定で、現在、校庭に仮校舎建設の準備が進められている。

 展示はKTビル3階の「少年ボンバッド」エントランススペースで。イラストの販売も行われる。

【高速道路新料金】 身内からも異論「四国だけなぜ高い」(レスポンス)
公明幹事長、米軍基地移設問題で「責任の取り方を注視」(産経新聞)
<訃報>星野安三郎さん88歳=立正大名誉教授(毎日新聞)
<子宮頸がん>早期予防 島根県邑南町、中学生女子のワクチン接種を全額補助(毎日新聞)
<JR北海道>特急展望室を廃止 衝突事故受け(毎日新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミスターとしかずまつざか

Author:ミスターとしかずまつざか
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。