スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南アW杯 ニッポン七転び八起き!?…青色の応援ダルマ(毎日新聞)

 サッカー・ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会を前に、日本代表をイメージした青い色のダルマ作りが、群馬県高崎市の「今井だるま」で最盛期を迎えている。

 再生紙を固めた高さ17センチのダルマを青く塗り、デザインは日の丸と「JAPAN」の文字の2種類。価格は大会開催年にちなみ1個2010円。ホームページ(http://www.page.sannet.ne.jp/forest/imai)などで販売中。【津村豊和】

【関連ニュース】
南アW杯:「デンマークとオランダ選手が標的」テロ容疑者
南アW杯:日韓の審判がトーク 「101%出し切りたい」
南アW杯:日本代表「出陣式」 龍馬像背に23人勢ぞろい
南アW杯 日本代表選手一覧
サッカー・W杯日本代表23選手を紹介/7 DF・内田篤人

兵庫・須磨沖で保護した迷いマンボウ その日に死亡(産経新聞)
<西本願寺札幌別院>お寺の本堂が一夜限りの「クラブ」に バーテンは僧侶 悩み相談も(毎日新聞)
放送法改正案を強行可決=審議会の機能拡大は削除―衆院総務委(時事通信)
北海道アイヌ協会 加藤理事長が辞意 「健康上の理由」(毎日新聞)
<口蹄疫>「まずは事態終息を」種牛殺処分(毎日新聞)
スポンサーサイト

<将棋>力戦模様の展開に 名人戦第4局(毎日新聞)

 羽生善治名人(39)に三浦弘行八段(36)が挑む第68期名人戦七番勝負の第4局(毎日新聞社、朝日新聞社主催、大和証券グループ協賛、九州電力協力)が18日、福岡市中央区の城南クラブで始まった。

 ここまで、3連覇を目指す羽生が3連勝。羽生がストレートで決着をつけ、名人在位を通算7期に伸ばすか。カド番に追い込まれた三浦がA級順位戦を勝ち抜いた実力を発揮し、1勝を返すか。

 本局の舞台は、福岡市の中心部にある昭和初期に建てられた施設。三浦、羽生の順に対局室へ姿を見せた。定刻の午前9時、立会の加藤一二三九段が開始を告げると、先手の羽生は7六歩と指した。

 第1局から第3局まで、横歩取りが続いた今シリーズ。両者の戦型選択が注目されたが、意外な形になった。三浦は6手目に22分考え、4四歩と角道を止める。これで横歩取りはなくなった。羽生の2五歩に三浦は3三角と応じる。力戦模様の展開になった。【山村英樹】

【関連ニュース】
野良猫餌付け:将棋の加藤九段に中止などを命じる判決
将棋:久保王将「楽しみながら努力」 就位式に300人
将棋:名人戦第4局 羽生一気に防衛か、三浦意地の1勝か
将棋:羽生、3連覇へ王手…名人戦・第3局
将棋:封じ手は「4四銀」 名人戦第3局

JCO臨界事故で健康被害 住民側の敗訴確定(産経新聞)
山陽新幹線、停電でストップ=JR西(時事通信)
マツダ井巻会長が退任、山内社長が会長兼務へ(レスポンス)
携帯操作に夢中で気づかず?電車に接触、重傷(読売新聞)
プレコリオ系ダンスって何? 導入するスポーツクラブが続出(産経新聞)

[静かすぎる対策]走行音は、UFOの飛んでくる音(レスポンス)

EV(電気自動車)やHV(ハイブリッド自動車)に付けられる音とはどのようなものか。

実車走行調査での「静音性対策」走行音を、記者の主観で誤解を恐れずに言えば、昭和の怪獣映画に出てきたUFO(未確認飛行物体)の円盤が飛んでくる効果音のようだった。“ぶーん”とうなるような音。自動車メーカーは、これを「インバーター音」(モーター音)と呼んだ。

音色はガソリンエンジンの音より高く、モーター音よりも低い。レシプロエンジンとモーターの中間を思わせる音で、注意深く聞き取れば、明確に聞き分けられる。

試験車両は、HVではトヨタ『プリウス』、EVでは三菱『i-MiEV』、日産の試作車の3台。その3台ともベース音は似ているが、音程や音量に差がある。ガイドラインには音量や音色に明確な数値が記されていないためだ。しかし、豊富な音色のホーン(警笛)に比べれば、静音性対策の走行音の車種別の差は、とてもわずかだ。

音量も、これほどのものかというほど小さい。会場となった尾久自動車学校(東京都小金井市)は、当日は休校で鳥のさえずりが聞こえるほど静かだった。そのため静音性対策車両の音も明確に聞き取れたが、会場横を通過するJR中央線の車両音には簡単にかき消されてしまう。10km/hで走るガソリン車の後ろをついていると、その音色の差で聞き分けることができるが、音量的な差はわずか。ガソリン車が多い道路ではかき消されてしまうかもしれない。

「ガソリン車のアイドリング音は48dBから50dB。静音性対策車両の音は58dB程度」(トヨタ自動車技術統括部予防安全企画グループ・松尾芳明グループ長)という。

静音性対策音は、ガソリン車の走行音のように加減速の状況も想像できるように考えられていた。携帯電話の電子音のように、距離感がつかめないというような不便さもなかった。完全な停止中は音を鳴らさないため、当然だがスイッチを切ったように唐突に音が切れる。これで、改めてモーター音ではなく、わざと付けられた音だと再認識させられるほどよくできた音だ。

10日の実車走行調査と体験会は、今年1月29日に国土交通省自動車交通局が「静音性対策」についてのガイドラインを作成して以来、初めて具体的な対策を施した車両の公開となる。自動車メーカー関係者は「対策済み市販車両取り付けられるものに極めて近い」という。

《レスポンス 中島みなみ》

【関連記事】
HV/EVの接近通報装置ガイドラインを作成 国交省
ホンダ、低騒音のハンディタイプ発電機を新発売---夏のアウトドア
ロータスが騒音発生装置を開発…エコカーは静かで危険
国土交通省 特別編集
ハイブリッドカー HV 特別編集

「最期は自宅で」が5割超、奈良県が高齢者介護の実態調査(医療介護CBニュース)
撤去自転車取り返しは「窃盗」 所有者側「民事問題」と反論(J-CASTニュース)
平沼氏、鳩山首相に苦言「一国の総理として残念」(スポーツ報知)
車内の男児、外的要因で死亡=頭に打撲痕、慎重捜査-茨城県警(時事通信)
県内移設は「狂気の沙汰」 与党・社民議員、官邸前で前代未聞の演説(産経新聞)
プロフィール

ミスターとしかずまつざか

Author:ミスターとしかずまつざか
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。